胸のトレーニング、また進化と変化を獲得

      2019/12/30

もうこのブログで何度も長田さんのパーソナルトレを

受けていることは紹介してるけど、やはりある意味自分へ

 

の投資だから、内容については全て詳しく書くわけにはいかない。

 

でも、遠方だしそう簡単には行けない、でもどんなものか知りたい、

という人はきっと多いと思います。

 

今回は胸と脚、その他を受けてきたけど、差し障りのない範囲で

書いてみようかと。

スポンサーリンク

胸も既に去年教わったこととは違うアプローチになってた。

 

これまでに受けたことのある人でも、例えば数年前に受けて、

ああ、なるほど、こうするのか、とそれから地道に日々

トレーニングに励んでる人も多いと思う。

 

でも、私の場合でいうと去年受けた胸のトレーニングでも、

既に違う方法に変わってたりしてる。

 

例えばダンベルベンチプレス。

 

たぶん去年まではボトムでのダンベルの向きについては体幹部側

に対して少し下がってるはず。

 

それが今回は違ってた。

 

理由を尋ねると、その方法で負荷が抜ける人が結構いたのだとか。

なるほど確かに、今のやり方の方が負荷が抜けずにキツい。

 

ベンチプレスもそうだ。

 

自分では言われた位置にバーを降ろしてたつもりだったけど、

長田さんにみてもらうと、もっと鎖骨寄りに降ろす間隔になる。

 

でもこれが正しい位置だと言われて、人間の間隔はいい加減なんだ、

とつくづく思った。

 

インクラインとフラットではグリップ幅も微妙に違う。

 

今まで実はバーベルインクラインベンチプレスは教わってなかったので、

今回しっかり教わった。

 

これもフラットベンチとはグリップ幅が微妙に違うのだ。

 

確かにこの方が大胸筋上部に負荷が掛かる。

 

たぶん、センスのある人は最初からこうしたことを教わらずとも

出来てしまうのだろうけど、私の場合は教わった方が早い。

 

胸はバーやダンベルを挙げるというより、開いてから寄せる

 

これも新鮮だったけど、要は大胸筋を開いて、寄せてくる、ということ。

 

ダンベルやバーを単に胸を張って上げ下げするのではなくて、体幹部の

動きに腕と重りが付いてきてるような感じか。

 

筋肉をポンプのように動かしていくという感じだろうか。

 

こうした動きで行うので当然高重量ではできない。

というか、自分なりには扱える高重量ということになるのだ。

 

でもあくまで重りを上下させるというより、大胸筋のポンプ運動だ。

 

正直、このやり方でベンチプレスを100キロで10レップもできるなら、

凄まじい大胸筋になってるはずだ。

 

脚はスクワットで撃沈

 

脚は一昨年に教わって以来になってしまったけど、

今回覚悟を決めて受けてみた。

 

結果、スクワットで撃沈した。

 

重りはなし、つまり自重のみ。

 

足の幅とか細かい位置について指示。

 

ボトムまでは普通のスクワットと変わらないけど、

問題はボトムからトップまでの一連の動かし方だろう。

 

この方法ではかなりキツいし、こんなの現段階でウェイトを

担いでなんて絶対無理だ。

 

自重で10レップ程度やって、そこから更にハーフレップで

追い込んでいく。

 

2セットやっただけでもう四頭筋が痛い。

運転できなくなると困るので、これで終了。

 

こんな拷問スクワットやるなら、普通に150キロくらいでフルスクワット

する方がよほど楽だ。

スポンサードリンク

やはり1年に1回は全身受けたいパーソナルトレ

今回強く思ったのは、やはり1年に1回は全身を受けたいなと。

 

その理由としては、

 

・教わったフォームが崩れていないか確認してもらえる。

・そうすることで更に種目毎の精度も上がっていく。

・新しい種目や、古い種目の改良版を教わることができる。

・今までと違う刺激が増えることで筋肥大に効果的。

 

こうした理由だ。

 

さて、今年は全身教わったけど、できたら秋にまた行きたい。

 

その間に効きが悪くなった種目を見てもらうことで、

自分のクセや思い込みによるフォームの矯正をする。

 

筋トレは奥が深いとつくづく思う。

スポンサードリンク

 

 

 

 

関連記事

    None Found


   width=

 

 -パーソナルトレのこと

  関連記事

no image

筋トレで結果出すにはサプリメントの前にまずトレーニング内容改善

筋トレを始めたころ、より効果を高めるにはサプリメントが 必要だと思い込んでずいぶんお金を使ってきた。

筋トレで結果を出す為のパーソナルトレーニング まとめ 私の体験

  これまで長い間筋トレを続けてきましたが、未だに学ぶことが 沢山あり、奥深いのが筋トレ、

no image

今年後半はパーソナルを受けて筋トレが楽しくなった。

これまでいろんなトレーニングをしてきた。   普通にセット法やピラミッド法でメニューを 組

no image

怪我のない、疲労感の少ない筋トレ

鳥取の長田さんのトレーニング法に変えてから、 1年に近づいてきているけど、まだそんなに沢山 &nbs

no image

パーソナルトレでの筋トレの変化

ここ半年以上、長田さんに 教わったトレーニングをしている。   以前と比べるとかなり使用重

no image

怪我してるときこそ、経験してほしいトレーニング法

パーソナルトレーニングの指導者を替えてから、 既に1年を越えた。   新しいトレーニング法

no image

今までやってきた筋トレがやれなくなってしまった理由

もうこのブログでも何度か書いてる長田さんのパーソナルトレ。 何故か長田さんのトレについて書いた記事を

no image

長田さんのパーソナルトレ 他の筋トレと何が違うのか?

私も何度も長田哲也氏のパーソナルトレを受けている。   とはいえ、毎月1~2回は通ってる熱

no image

年々進化するパーソナルトレーニング

一昨年から毎年長田さんのパーソナルトレを受けて るけど、既に一昨年に受けたトレーニングフォームは 今

no image

次回のパーソナルトレーニングを予約

今年の5月末から新たに受けだしたパーソナルトレ。   この11月に予約ができて、これで3回


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -パーソナルトレのこと