ジムトレ終了で今日からホームトレ

   

昨日でいつも通ってるジムは営業終了だったので、

いつもは金曜日に行くのを急遽昨日に変更して背中と肩を

トレーニングした。

最近は長田式のトレーニングしかやらないので、短時間で

どちらも追い込んでトレーニングした。

背中は斜め懸垂が凄く効くので好んで背中のトレには欠かさず

やってるけど、以前より背中の拡がりが増してきてる。

痛くて止めたくなるのを我慢して継続するのが気持ちいい。

スポンサーリンク

普通のトレーニングをしてる人が見れば、何やあいつは、

変なトレーニングしてからに、となるような動き。

しかも自重で脚を床についてやってるので、尚更だ。

その横では物凄い重量でトレーニングしてる人もいたけど、

あくまで私の目的は筋肥大であって、重量挙げではない。

だから自分自身にフォーカスして、周りは気にしないように

してる。

斜め懸垂の後はVバーアタッチメントによるプルダウンを、

水月に引くバージョンで。

それからストレートバーによるリバースグリッププーリーロー。

とどめにダンベルによるリバースグリップシーテッドベントローで〆。

お次は肩。

ダンベルサイドレイズを同じ重量で20レップ目標で4セット。

肩を疲労させてから、次にワンハンドダンベルフロントレイズ、そのまま

限界になったらワンハンドフロントプレスを交互に。

もうこの時点で肩は焼付いてて辛い状態。

更にケーブルアップライトローで肩を破壊して、いい加減嫌になってきてから、

スミスマシンによるバックプレスで〆。

これで肩も完全にオールアウトして、よく効いている。

ほんとはもっと鳥取に通い詰めて効きをよくしたいけど、

家庭と仕事を持つ身であり、時間も予算も限られるから頻繁には行けない。

追い込みのバリエーションについてはこれまでの経験もあるので、

それなりに引き出しもあるし、変化を付けることは可能だけど、

問題は1種目辺りでの中身の問題だろう。

 

結局何をやってもそれで効いて、結果を出せるかどうかだ。

1種目で効いてしまう、それがいつやっても効く、という状態に

ならないと沢山のテクニックで追い込んでも追い込めてない、

ということになってしまう。

沢山やるから筋破壊できるということではなくて、

理想は1セットで効いて続行できなくなることだろう。

そんな状態で更に複合的にテクニックを使って追い込むからこそ、

その効果も上がっていくことになる。

私なんて、トレーニングしないで身体が発達できるなら、

こんな辛いことを好き好んでやりたくないと思ってる。

どの種目も、どのトレーニング部位もやるのが嫌で嫌で仕方ない、

というのが本音。

パンプしたり、バーンを感じるのは効いてる、というバロメーターと

しては楽しいけど、ワークアウト自体がいつも楽しいとは思えない。

やらないと維持・発達は無いからやってるということだ。

 

さて、ジムトレも終わったので、今日からホームトレになる。

ジムほどの設備はないけど、バーベル、ダンベル、ベンチがあるので

たいていのトレーニングは可能。

明日までトレーニングして、正月はゆっくり身体を休めるつもり。

 

関連記事

    None Found


   width=

 

 -筋トレ つぶやき

  関連記事

no image

筋トレ 重量増加=筋力アップ=筋量アップの落とし穴

何度も書いてきたことだけど、昔は重量にこだわってた。 使用重量アップ=筋力アップ=筋量アップ と信じ

no image

昨日は背中・肩・腕をトレしました。そしてこれからグアムへ

今週末から旅行に行くので昨日はまとめて トレーニングした。 全て2種目に限定してさっさとトレーニング

no image

筋トレの頻度と時間、セット数とレップ数の変遷

みんなは筋トレをどれくらいの時間を掛けてやってるだろうか。 やればやるだけいい、なんて思ってやってる

no image

肩や関節の痛みが出ない筋トレを継続する

既に1年以上、今のトレーニング法を続けている。 新トレーニング法に切り替える当初はあちこち痛めてた。

no image

如何に短時間で筋トレで効果を上げるか

以前は2時間くらいトレーニングしてたこともあった。 でも今は凄く早く終わるようになってきてる。 だい

no image

筋トレでバーの握り方に変化を付けて効果を引き出す

以前にもバーの握り方について書いたことがあったけど、 今回も補足も含めて握るということについて書いて

私が実践している筋トレで下がったモチベーションを上げる4つの方法

出典:https://www.muscleandfitness.com/   私もそうです

no image

アメリカの有名ボディビルダーは効かせる筋トレをしている

以前も少し書いたけど、アメリカのボディビルは 世界で最も最新で、かつ日々進化し続けてる。 日本も今で

no image

芸能人のボディビル競技参加に思うこと

私は今までボディビル大会には出たことはない。 だから競技として参加してる選手の方々に対して エラそう

no image

筋トレで引き出しを増やしていくのは重要

筋トレも経験が長くなればなるほど、 マンネリ化してくるケースが多々ある。 私自身もそうで、どうしても


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ つぶやき