筋トレ 重量増加=筋力アップ=筋量アップの落とし穴

   

何度も書いてきたことだけど、昔は重量にこだわってた。

使用重量アップ=筋力アップ=筋量アップ

と信じて疑わなかったから。

昔は今とはくらべものにならんくらい情報がなかったから

仕方ない面はあるけど、これだけ情報量が増えた今でも

あまりやってることは変わってない。

確かにいつまでも同じ重量で筋トレしてても成長はないだろう。

でもだからといって使用重量アップは永遠ではない。

ベンチプレスで毎回使用重量が増え続ければいいけど、

いずれは頭打ちになってくるし、それが当然。

人間の限界という物もあるし、1トンのベンチプレスなんて

出来るわけないのは誰でもわかる。骨ももたないから。

スポンサーリンク

何故使用重量アップにこだわるか

これはどんな筋トレでも一緒だろうけど、結局は強く

なっていかないと成長もないのは誰でもわかることだ。

だからジムでは高重量を扱ってトレーニングしてる人は

一目おかれるのも事実。

自分が100キロでセットを組んでるのを横目に、大きな人が

140キロでセットを組んでレップをこなしてたら、

スゲ~

となるのは当然。

でもそんなトレーニングも、いずれできなくなってくる。

そう、怪我をするから。

肩や腱を傷めてしまい、重量が持てなくなる。

肩関節を回すとゴキゴキと音がする。

それでもだましだまし、トレーニングを継続する。

やがて何度か怪我しては治ってを繰り返して、ついには

完全に傷めてしまうという事態になってしまう。

かつて私もそうだった。

何故そこまでやるのか?

答えはひとつ、使用重量がアップしないと成長もない、

というそのことに尽きる。

何故怪我したのかを考えることから始まる

何度も怪我したり傷めたりしてるうちに、

何故怪我したのかを考えるようになってくる。

フォームが悪かったのか?

ウォームアップ不足なのか?

一瞬の気の緩みが原因か?

確かにそれらも一因ではあるけど、それよりも、

どうすれば怪我せずにトレーニングできるか?

ということを考えないといけない。

傷めてはリハビリトレして、調子が戻ってきたのでまた

同じトレーニングを続けてはまた傷める。

こんなことしてては永久に筋肥大なんてできないじゃないか。

関節や腱の強さにも個人差があるから、何度も怪我するなら

その種目のやり方が間違っている、と考えた方がいい。

教科書的なフォームでも怪我はする

綺麗なフォームでトレーニングしてるからといって、

それが正しいとはいえない。

一見完璧なフォームでも、やはり怪我をする。

考えてみてほしい。

貴方の周りのトレーニーは、皆同じフォームですか?

例えばベンチプレス。

脇が閉め気味だったり、無駄にワイドグリップだったり。

それはその人にとって一番力が出しやすいフォームなんでしょう。

でも力が出しやすいフォームが正しいとは限らない。

むしろ大胸筋にとって一番キツイ、と感じるフォームや挙げ方、

バーを降ろす位置、

脇の開き具合、

肩甲骨の寄せ具合、

頭や顎の位置や向き等、

力が出にくいフォームが実は大胸筋に一番辛い場合もある。

そしてそんなフォームでやれば、1セットでも胸に効く。

それを数セット、数レップやって初めて筋肉が破壊される。

でも以前は私もそれがわからず、

単純に使用重量さえ増えれば筋力が増えて、筋肉も増えてくる、

と信じて疑わなかった。

そして自分より力の無い人に対して優越感に浸ってた。

今思えば完全な勘違いだった。

使用重量アップより、筋肉が破壊できたかどうか

確かに、使用重量アップはひとつの目安ではあるけど、

正しくトレーニングできた結果の重量アップ

これが大切なことだ。

そのことに早く気付くべきなんだ。

もちろん、競技としてパワーリフティングをするなら、

当然トレーニング方法も違うから、それはそれで

別の道だという事。

身体を変えるなら、トレーニング方法も変えていかないと

いけない。

怪我をしないように。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

    None Found


   width=

 

 -筋トレ つぶやき

  関連記事

no image

知らぬ間に楽な軌道になる筋トレ 苦しみから逃げない為に

普通に筋トレをやってるととても楽にできる。 重さにこだわってやってると重さを扱うこと自体はそらあ し

no image

ボディメイクとしての筋トレ

筋トレをやる目的は人それぞれだ。 最近は高齢者の方々が熱心にトレーニングしてる のをどこでも見かける

no image

筋トレでの追い込み、なかなかできない理由

自分で日々筋トレをやっていると、どうしても 甘くなってしまうということはないだろうか。 私の場合はか

no image

筋トレで引き出しを増やしていくのは重要

筋トレも経験が長くなればなるほど、 マンネリ化してくるケースが多々ある。 私自身もそうで、どうしても

no image

筋トレでバーの握り方に変化を付けて効果を引き出す

以前にもバーの握り方について書いたことがあったけど、 今回も補足も含めて握るということについて書いて

no image

趣味の筋トレ 独り言

私にとって筋トレは趣味だけど、 時にはやりたくないなあ、って時もある。 いつもいつもやる気満々という

no image

アメリカ・ベニスビーチの思い出

初めてアメリカ、ベニスビーチを 訪れた時のことは今でもよく覚えている。 もうかれこれ20年近く前にな

no image

筋トレ 自分に合ったトレーニングをする

自分の筋トレ自体は調子は悪くない。 ただ、もっといろんな変化を付けないといけないなあと。 いつもいつ

no image

筋トレのマナーもトレーニングも知らない人達

私はいつも夜にトレーニングする。 だからジムに行く時間帯は一番人が多い時間になってしまう。 今はフィ

no image

筋トレの頻度と時間、セット数とレップ数の変遷

みんなは筋トレをどれくらいの時間を掛けてやってるだろうか。 やればやるだけいい、なんて思ってやってる


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ つぶやき